東京オリンピックが楽しみな"星降るおじさん"の気ままブログ

東京オリンピック関連や趣味のパソコン自作に関する取り留めないブログです

簡易水冷コルセア H100i v2の導入

新しいPCに導入したコルセアの簡易水冷キットH100i v2。

自身が簡易水冷の導入が初めてでもあったので、導入の流れを簡単に書き留めておこうと思います。(もしかしたら今後H100i v2を導入する人が見てくれたら嬉しいですが)

 

f:id:yt0298:20170604193609j:plain

パッケージはこんな感じ。パッケージを開けるの少し迷ったのは愛嬌で。

 

 

f:id:yt0298:20170604193855j:plain

ポンプのヘッド部はこんな感じ、開封直後はヘッドカバー(アクリル?)が外れてたのは海外メーカだからでしょうか。まー特に欠陥はなさそうでしたのでそのまま作業続行しましたがw

 

f:id:yt0298:20170604194126j:plain

でこれが、元々使っていたクーラーマスタのコスモスケースなのですが、ラジエータを取り付けようと取り付け場所を確認した際にとんでもない失態に気づきまして。何と、コスモスは2連ファンが取り付けできないネジ穴(写真の用にファンの間にスペースが生まれる構造)配置となってまして、H100i v2の取り付け不可と買ってから発覚。完全な私のミスですが、皆さんも購入前に自分のPCケースに取り付け可能かは必ず確認してください。私は、新しくPCケース コルセア 780Tを購入しちゃいました。

 

f:id:yt0298:20170604195704j:plain

水冷キットの取り付けはマニュアルを見ながらの作業ですが、その中で一つだけ気になった事が。写真中央のポンプを取り付けるためのネジをマザーボードに取り付けると2mmくらいの隙間が発生。この隙間が気になってポンプヘッドをCPUに取り付けた際に、CPUと密着するのか不安になりました。

 

f:id:yt0298:20170604213625j:plain

 そこでシリコンワッシャーを隙間を埋めるべくかまして、ネジを取り付ける事に。これでマザーボードとの隙間は解消されたので、引き続きマニュアルに従い、ポンプヘッドを無事取り付ける事ができました。

 

初めての水冷だったため、取り付け方法に不安を覚える所もありましたが、何とか組み込むことができました。水冷の冷却能力に関しては大満足なので、簡易水冷を導入して良かったというのが最終結論です。