東京オリンピックが楽しみな"星降るおじさん"の気ままブログ

東京オリンピック関連や趣味のパソコン自作に関する取り留めないブログです

【戦国IXA】運営様がサーバ対策をしない理由

新章の初戦が始まりましtが、開戦直後はしばらく激重でストレスが溜まりまくる状態でしたね。

 

サーバ対策は久しくユーザから要望が挙がっているとは思うのですが、何故運営様が負荷対策に本気にならないのか、その理由を私の独断と偏見で分析してみました。

 

この記事もサーバ負荷高すぎて何もできない時に書いているというw

 

 

■サーバ対策をしない本当の理由

 運営様がサーバ対策をしないのは

 

 

 

 

運営様はサーバ負荷対策なんて必要ないと考えている。

 

 

 

 

厳密には、現時点ではこれ以上のサーバ負荷対策はコストの面から考えて必要ない

 

 

 

 

と判断していると考えます。

これ、どういう事かといいますと。

 

 

 

 

戦国IXAはサービスを提供するにあたり、サーバ機器をクラウドサービスを利用しています。具体的にはNiftyクラウドというものを利用しています。

Niftyクラウドのホームページに利用ユーザとしてスクエアエニックスが記載されています)

 

 

 

で、Niftyクラウドの機能の一つにオートスケールアウトという機能があります。この機能は、サーバ負荷が高くなったのを検知した場合、自動的にサーバを増設してくれる機能です。

 

 

 

 

おそらく戦国IXAもこのオートスケールアウトの機能を利用してサーバ負荷対策を実施しているものと思われます。

 

 

 

 

実際の戦国IXAの負荷って、

 ・開戦直後に激重

 ・しばらく時間が経過すると負荷が軽くなる

 

 

 

 

こんな状況です。これを上述のオートスケールアウト機能を利用しているとすると

 1.開戦直後激重

 2.サーバ負荷の閾値がある上限を超える

 3.オートスケールアウトでサーバが自動増設される

 4.負荷が分散され、負荷が解消

 

 

 

 

という流れになります。開戦直後の30分間が毎回激重なのはこのためです。

サーバを常設で台数増やすと当然、利用料がその分高くなります。オートスケールアウトであれば、負荷が高くなった時だけサーバが増えるので運用費用を抑える事ができます。

 

 

 

で、最初の結論になるのですが、運営様の判断は

 

 

 

現時点でオートスケールアウトで負荷対策をしているので、最初の30分は激重だけどユーザの皆さん我慢してね

 

 

 

という考えでいるのだろうと推測しております。

 

 

※ちなみに私はスクエアエニックスの関係者ではありません。

 

 

ブログランキングを始めました、もし良かったらポチっとしてください


人気ブログランキング</>